Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

 

 

どうも、リョウスケです。

投資信託で毎月の自動積み立てを行っていると

配当というものが毎月もらえます。

僕の場合はもらうというより再投資に回されるのですが。

 

この配当という利益についてですがこれには税金がかかります。

確定申告をしっかりしておかないと税務署の人が来て、

延滞税を死ぬほど取られるので気を付けてくださいね!

 

しかもこの税務署の人たちは延滞税を増やすために

確定申告をしていない人を何年か放置してから来ます。

『私は来てないから大丈夫』

と安心していると大変なことになりますよ。

 

でも、確定申告ってめんどくさいですよね。学校の授業でも習わないし。

僕は投資信託積み立ての方は源泉徴収ありにしていたので確定申告は不要でした。

ここが自動積み立ての良いところですね。

 

ただ、他からの利益がある場合、源泉徴収ありにしていない場合は話が別です。

しっかりと毎年の確定申告を行いましょう。

僕もその他の利益や計上したい経費があります。

そういう人もちゃんと行いましょうね。

 

個人事業主の方は青色申告で確定申告を行うことになると思いますが

そういった人にオススメの青色申告ソフトを書いていきます。

 

MFクラウド確定申告

 

 

まずはマネーフォワードの『MFクラウド確定申告』です。

「マネーフォワード」という携帯のアプリも人気ですので

ご存知の方もいると思います。

 

料金はこちら↓

 

 

Windows、Mac両方に対応しており、パソコン、スマホ両方に対応しています。

年間プランにすると料金を下げることができます。

こういった確定申告のツールは毎年料金がかかるものですから

少しでも安い方がよいかもしれませんね。

 

まずはお試しで無料で使うこともできるので、

使ってみて自分が使いやすければ有料プランに移行するという

使い方もできますね。

 

 

→『MFクラウド確定申告』はこちら

 

やよいの青色申告シリーズ

 

 

つぎは『やよいの青色申告』です。

5年ぐらい前に僕のメインのツールとして使っていました。

その時はインストール版だったかな。

 

こちらもWindows、Mac両方に対応しており、

パソコン、スマホ両方に対応していますが

インストール型はWindowsのみ対応です。

 

昔は、青色申告をするならこれ!というくらいのツールで

家電量販店の人にごり押しされた記憶があります。

実際にはMFクラウドとかfreeeとかその頃からあったんですかね?

 

 

料金はこちら↓

 

昔と比べてずいぶん安くなったな。

(と思っていたら、インストール版は料金12960円でした。)

1年間無料というのはかなりお得ですね。


前はこの笑顔につられて買いました。

 

→『やよいの青色申告』はこちら

 

freee

 

 

最後は『freee(フリー)』です。

今僕が一番気に入っているものがこちらになっています。

 

Windows、Mac、パソコン、スマホ全てに対応しています。

 

料金はこちら↓

 

他二つと比べるとやや高めの印象ですね。

僕は主にスマホでfreeeを利用しているのですが、

操作がわかりやすいので使っています。

 

確定申告ソフトはわかりにくいことが多いですからね。

操作しかり、内容しかり。

その点freeeは直感で捜査して行けたので気に入って使っています。

→『freee(フリー)』はこちら

 

 

この3つの中だったら外さない

 

 

確定申告ソフトは色々ありますが、この3つの中のどれかを使っていれば

はずれを引いたということはありません。

 

無料のプランで使ってみて自分に合ったものを使っていけばよいと思います。

スマホをよく使う人ならスマホで使いやすいやつ、とかですね。

 

アフィリエイトなどの「事業所得」の確定申告が必要になってくるのは

基本的に1年間の利益が20万円を超えてからです。

忘れないようしっかり確定申告を行っていきましょう。

 

今回は確定申告は忘れずにというお話でした、それではお疲れ様です。

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket