つらいイジメ体験も、働くようになって自然に克服できました

人生つらたんな体験談

中学3年の時に、クラス大半の男子からイジメを受けました。

同性の友だちは多かったんですよね。きっと中学時代の容姿が原因のイジメだったんでしょう。

一番太ってる時でもあり、お互い多感で異性を意識しはじめる時だし。

中3になって始まったイジメ

中学1年までは男子とも仲良くしゃべってて、2年でよそよそしく。きっと男子の変化の時期だったのかな。

3年になって男子の中心グループの1人が私のことを言い始めました。クラスに1人ターゲットをつくるようなとこ、ありましたよね。いま冷静に思えば、その他大勢はその中心人物にそそのかされて、彼に従うように(女子の群れみたい笑)単に合わせてただけだと思います。

物や親にあたり、男子恐怖症に

でもその当時はむちゃくちゃツラかった!世界がせまい学校内、教室内であからさまないやがらせでしたし、生きた心地がしなかったですね。

体育の授業で男子のボールが転がってくる、投げ返す、それを汚いもののようにみんなで蹴りあう…

確かにヒドイ

自殺だってよぎったこともあったし、何より母に相当当たりました。

荒れてましたねぇ、茶碗投げたり気持ちおさまらなかったんでしょう。

はげしい!笑

その中心人物と同じ高校になったらどうしようかと悩んでたけど、彼は進学校に進んで別だったのでほっとしました。高校ではメンバーもかわるし男子の態度も普通。本当にほっとしました。

でも男子恐怖症は続いてましたけどね。またいつ同じことになるかわからない、と思って。

仕事を通して自信がつき、恐怖症を克服!

完全に対等になれた、克服できたのが、私は仕事してからです。

仕事だとそんな風に気にしたりする気持ちがおこらなくって、自然に話せるようになりました。何より普通に目を合わせてしゃべれるようになったことがすごい進歩!こっちが普通だと相手も普通で。

容姿含め自分に自信がなかった私は、仕事するのが合ってたみたいです。

覚えるのが必死で人のことなんて気にする余裕がなかったことが大きい!

何かに夢中になるのが大事とはこれですね。

そして自分にスキルができてくると自信がついて自分の意見が言えるようになる。

お給料もらいながら自信までついて、私は仕事に感謝してます!笑

悩んでるときはせまい環境から一回抜け出して、どこかに自分を受けいれてくれる場所が必ずあることを確認することが大切だと思います。

あのときもう少し強かったら、

イジメられても堂々としてたかった!

コメント