正社員だろうがやりたくない仕事なら辞めてもいいのでは!

人生つらたんな体験談

私は正社員で接客業をしていました。学生の頃はずっと接客業のバイトをしていたので正社員でも大丈夫だと思っていました。でも正社員になると責任は重大…クレームの処理からお客さんからの無理なお願いまで、正社員になった瞬間その対応が増えました。こちらのミスで怒られるのは当たり前ですが、永遠と怒り続ける人や暇に店内を歩き回ってはミスを見つけると「これ間違ってるね」と言ってくる人など、正直毎日お客さんにストレスを感じていました。

ストレスで食事がのどを通らない

それでも仕事を続けていたのですが、次第に食欲がなくなっていき朝食を抜くようになり昼食もあまり食べなくなり、しまいには夕飯も食べれなくなりました。そのせいで体重が減り、久しぶりに会った友達に「どうしたの!?やつれた!?」と言われてしまいました…。また、毎日電車通勤で電車に乗った際このままどこか遠くまで行ってしまいたいと思うまでになり転職を考え出しました。

上司に打ち明けた時はやはり辞めるなんてもったいないなど止められましたが自分は限界だということを伝え、何回かの話し合いで辞めることができました。周りからなんで辞めるのかと問い詰められたりもしましたがそこはもう開き直るしかありません!

再就職でやりたい仕事に巡り合う

そして、辞めてから今度こそ続けられる仕事を探すため自分に合う仕事を考えました。結果、昔から料理や物を作ったり加工したりすることが好きだったので、飲食業や製造業で仕事を探しているうちにレストランの厨房で働くことになりました。そこでは、お客さんと直接接しないので黙々と仕事をすることができました。働き出してすぐに体調は良くなり、体重は元に戻りました。実際仕事は接客業の頃より大変なのですが、自分が好きな事であるためか毎日ヘトヘトに疲れても全然平気でした!

大事なのは身体

最初は正社員を辞めるなんて余程のことがない限りないだろうと思っていましたが、やはり身体が大事です。早いうちに自分を見つめ直して本当にやりたい仕事を見つけるのも大切だと思いますよ。

コメント