初めての仕事で幼稚園の先生になって、すごく辛かった経験です。

人生つらたんな体験談

初めて正社員として仕事をした時のことです。私は短大卒業後で20歳でした。

初めての仕事先は幼稚園で、その幼稚園でクラスの担任を受けもつことになりました。

今まで味わったことがない位に緊張した状態でスタートしました。

担当クラスの園児がけが

そして、夏休み前のある日に園児がお友達と喧嘩をして怪我をしてしまいました。

軽傷でありましたが、すぐにその子の親にご連絡したところ、かなりのご立腹で幼稚園に来て怒鳴りちらしました。

ご両親は、すべては担任である私の責任だと言い張り、家まで謝罪に来るようにと言われました。

お伺いした日には、散々怒鳴られ、私と園長は謝罪する事で精一杯でした。

このようなことは、初めての経験で涙が止まらず、精神的にも落ち込む日々が続きました。

精神的ダメージで病院通いに

幼稚園に行く前の日は、吐き気が止まらず、泣きはらした顔で出勤しましたが、担任としてやっていくのには大変厳しく、そう長くは続かず病院に通うことになりました。

かわいい園児との関わりを夢見て、仕事をしたかったのですが、現実として起こったこの状況は本当に辛い経験でした。

しかし先生として、しっかり見ていなければならないのが私の責任です。

ただずっと見ていることはかなり難しい事なので少しは理解して頂きたかったです。

それからは、気持ちがもたなかったので退職させて頂きました。

もっと力をつけてから担任になれていたら

ご両親の気持ちもよくわかります。今回は軽傷でしたが、大きな怪我をしてしまったらと考えると震えが止まりません。

まだ未熟な私を担任にしてくれた幼稚園には感謝で一杯でしたが、やはり力をつけてから、担任を受け持ちたかったです。

もう2度と経験はしたくないほど、人生の中で1番辛かった事です。

思い出すのも怖いくらい体力的にも精神的にも打撃を受けてしまいました。退職した後、外に出てそのご両親に会うかもしれないと考えるだけで、恐怖で震えが止まらなくなってしまい、自宅に引きこもりの日々が続きました。

コメント