転勤による新生活はトラブル続き。でもママ友に出会えてよかった!

人生つらたんな体験談
一人目の子どもがまだ2歳の頃、主人の転勤が決まり引っ越しをすることになりました。
引っ越し先は偶然にも私の実家から2時間ほどの場所。
今まで住んできた街に比べれば気軽に帰省できる近い場所だったので「やったー!」と喜んでいました。

引っ越し早々トラブルに

新しいアパートに先に着いたのは主人。
私はその後到着し、不動産に指定された場所に車を停めました。
すると車から降りた途端、「そこに車停めないで!」と住人が怒鳴ってきたのです。
私は不動産にここに停めるよう指定されたことを説明すると、その方はその不動産に電話で確認していたようでした。
そんなことがあってから数日後、私の駐車スペースの白線は消され別の場所に停めることになりました。
入居初日に怒鳴ってきた方のご主人に話を聞くと、自分の車の出し入れが困難になるということで、以前からアパートのオーナーとその場所を駐車スペースにするかしないかでもめていたそうです。
しかし、オーナーが同意を得ないまま駐車スペースにしてしまい、それを知らずに停めた私が怒られてしまったということのようでした。
何とも最悪な新生活スタート…。

クレームが続き、引っ越しを考えるまでに

しかし、それ以降はその方に何か言われたりすることは無く一件落着したなと思っていた矢先、今度は下の階に住む住人から「子どもの足音がうるさい」というクレームをもらってしまったのです。
これは申し訳ないと思い、床に防音マットとカーペットを敷きなるべく子どもを連れて外出するようにしました。
そんなある日の11時頃のこと、「子どもの歩く音がうるさい!何度言ったらわかるんだ!」と直接言ってきたのです。
服装を見るに寝起きのようでした。
防音対策をしたことを伝えさらに謝りましたが、納得されていないようだったので、私は後日不動産に連絡をし、どうすればよいのか、1階の角部屋が空いていたのでそこに移動できないか等相談をしました。
そうこうしているうちに下の住人は引っ越しをしていきました。
何とも嫌な終わり方でした。

ママ友たちとの出会いで悩みも解消

立て続けに嫌な事が起きて実家に帰りたくなりましたが、子どもが幼稚園に入園するとアパートでの悩み事はそんなに気にならなくなりました。
ママ友ができたからです。
偶然にもいい人達に出会えたことで楽しみが増え、悩んでいても仕方ないと思えるようになったのです。
その後また転勤してしまい、今ではあまり会えなくなりましたが本当に出会いに感謝しています。

コメント