小さい頃は辛いことが多かったけど大人になって幸せになれました

人生つらたんな体験談

今では珍しいことではありませんが、私の両親は離婚した者同士が再婚していました。今から40年ほど昔なのでまだまだそういったケースは少なく周囲から好奇の目で見られました。
また、再婚前の父の娘、私にとって腹違いの姉を引き取って育てていて母と折り合いが悪くて大変でした。

怒鳴り声や暴力が日常茶飯事の家庭環境

いつも家の中で怒声が響き、姉と私で家の外に出されたり母に叩かれたり家庭内に安らぎを感じずに大人になりました。
なので私はこういう風に家の中でみんな怒っていて、外では穏やかにしているのが一般的な生活だと思ったほどでした。
20代になりその頃は結婚するのが当たり前の世の中で、私も結婚も意識しましたが、付き合っても相手を信頼することがなかなかできず付き合っては別れを何度か繰り返しました。やはり相手を信じきれない気持ちが伝わるようです。
30歳手前で結婚は無理だと諦めかけていました。

結婚を諦めかけたとき運命に人に出会う

そんなときに、友達の紹介で知り合った人に一目会ったときにピンときたのです。運命の人って言うよりこの人は信頼できる相手だという直感が働いたのです。
それからトントン拍子に交際が始まり結婚にまでこぎつけました。
私は家庭の幸せを知らなかったので、新婚のときは、ちょっとしたことで喧嘩をしたり、なかなか結婚生活に馴染まず大変でしたが、ある時、結婚するってこんなに穏やかな時間を持つことなんだと気がついてから、静かに円満な結婚生活を築くことができました。
人間の持つ直感は、あながち捨てたものではないと思うので、ピンときたりいつもと違う感覚を感じるときは運命の変わる瞬間かもしれませんので見逃さないで下さい。

悩んだり揉めたりするのも人生

今になって旦那は新婚のとき理由はわからないけど、よく揉めたなと話していました。彼も新婚のときに悩んでたのかなと申し訳ない気持ちがありますが、今はお互い幸せに暮らしているほうだと思います。辛いことがあってもいいこともあるし、またその繰り返しが人の一生かもしれないなと最近思うようになりました。

コメント