仕事が原因で精神疾患になってしまった!その名も双極性障害

人生つらたんな体験談

それは、7年前の事。
私は睡眠不足に悩まされていた。
いくら、仕事で疲れても眠れず疲れは溜まっていく一方。
そんな時、仕事の知り合いのおばあちゃんに、睡眠薬を勧められた。おばあちゃんに、最近眠れなくって、と相談を持ちかけたら近くの内科で貰えるよ。と教えてもらった。
そんな身近で睡眠薬を貰えるなんて思っても無かった。
早速、近くの内科に行って睡眠薬を貰ったのだが、飲んでも眠れなかった。
だから、次の日も内科に行くことにした。
違う薬を貰って、夜飲んでみるとしばらくしたら眠気がやってきた。ようやく眠れる。そう思った。
ここ2〜3日眠れてなかったのでとても気持ちよく眠れ、朝もスッキリ目が覚めた。

睡眠障害からうつに

しかし、そのうち睡眠障害の他に心の奥底というか、胸の苦しさというか、不安感が出始めてきた。
今思えばそれは、うつ病の始まりだったのかもしれない。
仕事でストレスをかかえ、眠れない日々を過ごしついに、うつ病になってしまったのである。
そこで、先生に貰った薬は、デパスといって抗不安剤の中でもトップクラスに効くものだった。
だから、私は少しでも不安感を覚えるとデパスを飲んでいた。
睡眠薬は、何度も変えて貰った。
最終的には、デパスと、二番目に貰った薬の組み合わせで落ち着いた。
先生は私の顔色を見ながら一度、心療内科に行ってみたらと、言ってきた。流石に勇気がいった。まさかこの私が心療内科に?
しかし、先生は最近では行く人も多いし心配することじゃないよと言ってくれ、紹介状を書いてくれた。

 

仕事を休んで治療に専念

初めて心療内科に行った時、不思議に思った。皆んな元気そうだったからだ。一体何処が悪いのだろう。
心療内科の先生は、私の事を双極性障害だと言った。
確かに、当てはまる事柄がいくつかあった。
急に元気になったと思えばとたんに鬱になる。
私は1年間、仕事を休むことになった。

双極性障害と付き合う

仕事をしていないのに毎日ため息ばかりでた。
食欲がなくて薬を貰ったら爆喰いした。急に元気になってハッピーな気分になったと思えば鬱になった。気分の浮き沈みの激しい1年間だった。
しかし、1年間仕事を休み安静にしたお陰か、また仕事に復帰出来るようになった。
主治医の薬と、アドバイスのお陰で私は立ち直ることが出来ました。
しかし、この病気は再発する事が多いので今でも薬は飲んでいます。そして、どうか再発しないように願うばかりです。

コメント