中学3年生で不登校になり、高校も中退。でも大検を受けて大学を卒業

人生つらたんな体験談

 

中学に入学した頃から、ずっと周囲の女子生徒となじめず、悩んでいました。

当時は自分の何が悪いのか必死に考えていましたが、今考えればそれは単なる女子の嫉妬でした。

わたしはクラスで一番成績が良く、いつも目立っていたのです。それに、おとなしい性格で、自分からは友達に話しかけられませんでした。

それが、お高くとまっていると勘違いされたようです。

 

ストレスのかかる生活

とにかく、ずっとストレスのかかる生活が続き、中学2年生のときにパニック障害と不安神経症を発症しました。

しかし、当時は子どもの精神的な病気などまったく有名ではなく、自分でもどうして良いか分からず、周囲の理解も得られないまま、どうにか我慢して学校に通っていました。

内心は高校受験をする余裕などなかったのですが、両親にはとてもそんな事は言えず、勉強を続けていました。そして、高校に合格してしまったのです。

 

わたしの我慢の限界

でも、それがわたしの我慢の限界でした。

高校に入ったものの、1週間で不登校になりました。

その頃には、頻繁にパニックの発作が起きるようになっていて、さすがに親も変だと気付いたようです。

とりあえず、1年間休学することになりました。

親に連れられて一度だけ心療内科も受診しましたが、病院の暗い雰囲気が嫌で、通うのをやめてしまいました。

結局、休学後は1度も通学しないまま、高校は中退しました。辞めるときに高校の副校長から「あなたは我慢が足りない」というような事を言われ、とても傷ついたのを覚えています。

 

どうしても大学を卒業したいという思い

高校を辞められて正直とてもほっとした気持ちでいましたが、わたしにはどうしても大学を卒業したいという思いがありました。

高校中退という学歴コンプレックスを一生抱えたまま生きて行くのは嫌でした。

そこで2年間独学で勉強し、大検を受け合格してから、通信制の大学に入学しました。

心理学を学びましたが、勉強の意欲はあるものの、スクーリングのときにパニックの発作が出るのが辛かったです。

それもどうにか乗り越え、すべての単位を取り終えて、無事大学を卒業することができました。

コメント